青汁の原料である大麦若葉とケールと明日葉どれがいいの?

青汁の原料である大麦若葉、ケール、明日葉なのですが、そもそもこの3つのどれがいいのかで頭を抱えている方もいるかもしれませんね。同じ緑の葉っぱではあるものの、それぞれで期待できる効果というのは異なってきます。それぞれで期待できる効果を知った上で、青汁を選んでいくといいかもしれません。もちろん、大麦若葉、ケール、明日葉の3つすべてが入っている青汁が理想的ではあります。

 

大麦若葉、ケール、明日葉それぞれで期待できる効果とは?

まず、大麦若葉なのですが、アレルギー性の疾患の改善や腸内環境の改善、ダイエット、ストレス解消、疲労回復などに期待が持てます。しかも、ありがたいことに大麦若葉というのはとても飲みやすく、続けやすいのです。それにリーズナブルな原料でもあります。
次に、ケールについてです。ケールに関しては、アンチエイジング効果や抗がん作用、血栓防止効果、美容効果などが期待できます。さらに、ケールはカルシウムがダントツで多く含まれています。

 

そして、明日葉についてです。明日葉で期待できるのは、生活習慣病の改善や認知症の改善、便秘解消、冷え性の改善、血液サラサラ効果などが挙げられます。ちなみに、明日葉は国産のスーパーフードとしても注目を集めています。

理想的なのは大麦若葉、ケール、明日葉がすべて入っている青汁

同じ緑の葉っぱでも大麦若葉、ケール、明日葉では期待できる効果が違ってきます。どれがいいというよりは、自分の求めている効果が期待できるものを選ぶべきと言えるでしょう。ただ、もっと言ってしまうと本当に理想的なのは、大麦若葉、ケール、明日葉がすべて入っている青汁です。この3つが含まれている青汁を見つけるのはそう難しくありません。この3つが含まれており、それ以外にどのような原料が使われており、そこから何が期待できるのかで青汁を選ぶのが理想です。

 

基本的に人間というのは、ひとつのものだけを食べて生きていけるタイプの生き物ではありません。さまざまな栄養素が必要になるからこそ、いろいろな食材を少しずつ取り入れていくのがいいと言われています。そのような観点から見ても、大麦若葉、ケール、明日葉のすべてが入っている青汁を選ぶのがベストなのです。同じ1杯で大麦若葉、ケール、明日葉の栄養素を摂取できると考えれば、コストパフォーマンスの面でも納得です。