青汁ってそんなに健康にいいの?その根拠は?

日本は健康食品大国とも言えるような状態で、市場にはさまざまな健康食品が出回っています。その中でも、昔からあって多くの方にとって馴染み深いのが青汁でしょう。健康食品における定番とも言えます。ただ、青汁というのは本当にそこまで健康にいいのでしょうか?その根拠はどこにあるのでしょうか?ここでは、青汁が本当に健康にいいのかについてお話していきたいと思います。

 

野菜不足を補うから青汁は健康にいい

現代人が慢性的な栄養不足であるという話は見聞きしたことがあるかと思います。というのも、そもそもの食材に含まれている栄養素が減っているので、昔と同じような食事内容では十分な栄養素を摂取することができないのです。栄養素が減っている分、より多くの食材を食べなければいけないのですがそうなってくると、単純に食べる量が増えて厳しくなってくるという部分もあります。そこで注目を集めるようになったのが、手軽に栄養素を摂取できる青汁です。

基本的に現代人は野菜不足の傾向があります。当然、野菜から摂取すべき栄養素も不足してしまいます。青汁であればそれを補うことができるのです。さすがに野菜を食べたのとまったく同じ状態が再現できるわけではないのですが、コップ1杯で複数の野菜に含まれている栄養素を効率的に摂取することができるのです。不足しているものを補うことができるのですから、青汁は健康にいいと言えるのです。

 

普段は口にしないような食材も青汁を通して取り入れることができる

青汁においてメインの原料となってくるのは、大麦若葉、ケール、明日葉といった食材になります。青汁の原料としてはお馴染みですが、一般的な食卓で使われる食材としてはあまり馴染みがありません。つまり、青汁であれば普段は口にしないような食材も取り入れることができますし、普段は口にしないような食材から得られる栄養素も摂取できるのです。

 

普段は口にしないような食材やその食材から得られる栄養素をコップ1杯の青汁で補うことができるという部分も、青汁の魅力です。普段はなかなか口にできないものの健康にはいいものというのは、世の中にたくさんあります。それを手軽に摂取させてくれるのが青汁という健康食品なのです。添加物のオンパレードであったりいわゆる粗悪品であったりしなければ、青汁というのは現代人の健康にとって確実にプラスとなるものです。